慰謝料浮気

パートナーの浮気で傷ついているあなたへ。慰謝料請求に向けて準備をしましょう!

 

もしかして浮気?

 

そう疑って、それが事実とわかったとき、
あなたはどれほどショックを受けましたか?

 

パートナーに裏切られた悲しさ、浮気相手に対する怒り、自信喪失、自己嫌悪・・・
いろいろな感情が渦巻いて、心が疲弊していることでしょう。

 

もし浮気が原因で離婚ということになったり、家庭がうまくいかなくなったりしたら、
浮気をしてしまったパートナーだけでなく、浮気相手にもそれ相応の責任をとってもらいたいと思うのは当然です。

 

不貞行為は立派な不法行為。
慰謝料をしっかり請求して、やってしまったことについて深く反省してもらいましょう。

 

 

慰謝料をもらうには証拠が必要

 

浮気に気がついて、よくあるのがすぐに相手を責めること。

 

そのときには潔く浮気を認めていても、
いざ裁判になると、肉体関係には及んでいないとシラをきられることがあります。

 

こうなってはこちらの不利。

 

慰謝料を請求するには、不貞行為があったという証拠をつかんでおく必要があるのです。

 

しかし、現実問題、浮気現場を押さえるなんていうのは至難の業ですよね。
せいぜい興信所に頼んで、2人でホテルに入っていくところの写真を撮ってもらうぐらいです。

 

興信所にしたって、経済的に余裕がなければ、なかなか依頼もできないものです。

 

なので、普段の生活の中で、相手に気がつかれないように、
不貞行為があったであろうという状況証拠をそろえることが慰謝料請求の第一歩です。

 

ただ、どういったものが証拠になるかというと、
例えば「愛してる♪」などとメールで入っていたとして、
それだけを写真に収めたとしても、それは不貞行為があったと認定される直接の証拠にはなりません。

 

相手に「メールだけのやりとりだ」、「肉体関係はない」などと言われれば、それまでのことです。

 

そういったことを考えると、
具体的にどういった証拠を集めれば裁判所は不貞行為があったと認めてくれるのか、意外とわかりませんよね。

 

また慰謝料の金額算定についても、より高い金額を払ってもらえるかどうかは、
あなたがパートナーの浮気によってどれだけ深く傷ついたかということを主張、立証するかにかかってきます。
場合によっては診断書のようなものも必要なことがあるでしょう。

 

このように、確実に慰謝料をもらうためには、証拠を積み上げて不貞行為があった事実を認定してもらうことが必要なのですが、
こういったことを個人で行うにはやはり限界があるのではないかなと思います。

 

ですので、相手にプレッシャーを与える意味でも、法律の専門家にまずは相談し、
あなたのケースに合った、的確なアドバイスをもらったほうが得策です。

 

相談は無料でできる

 

離婚や浮気による慰謝料の請求などの問題について
今はどこの法律事務所でも最初の相談は無料で行っています。

 

また市区町村で行っている法律相談も無料ですので、
開催されている日や予約の仕方など、問い合わせてみましょう。

 

ただ、こういった法律相談はほとんどが平日に行われているため、
もし土日などに法律相談をお願いしたいときは、こちらのサイトで依頼できます。

 

希望の場所、面談日時、どういった弁護士にお願いしたいなど、
細かい要望に応えてくれるので、いい弁護士さんが見つからないときなどは便利です。

 

>>日本法規情報