慰謝料浮気

胎児の代襲相続

 

 

代襲相続とは、胎児の父親がすでに亡くなっている場合、親に代わって子供が親の相続する権利を引き継ぐ権利のことです。例えば、胎児(生存して生まれた場合は孫)から見ると祖父が死んで父親が相続する権利を得るケースにおいて、すでにその父親が死亡しているときには、胎児であっても、父親の相続する権利を胎児が引き継ぐことが出来ます。それは、民法886条では、「胎児は、相続に関しては、すでに生まれたものとみなす」と規定されています。尚、胎児が死産で生まれた場合は、代襲して相続することはできません。

 

 

胎児には、通常、権利能力は認められません。しかし、相続の場合には、例外的に権利能力が認められていることになります。これは、父親が死亡した後、生まれてくる子供に財産を残し、子供の成長を願うという意味が含まれているのではないでしょうか?

 

 

 

父親が死亡し、もしも、祖父母のプラスの資産を引き継ぐことが出来なければ、胎児(孫)が今後生活に苦しむことになるケースも考えられるということを見越しているといってよいと思われます。一方で、負の財産(借金)が多い場合は、母親が胎児に代わって、相続の放棄をすることになります。負の財産がある場合もあるかと思いますが、そのときは、母親のわが子への負担を軽減するために、相続の放棄の手続きをとりましょう。

 

"

 

 

 

"