慰謝料浮気

包括遺贈

 

 

遺贈とは遺言によって遺言者の財産の全部または一部を無償で他人に与えることです。遺贈によって利益を受ける者のことを受遺者といいます。包括遺贈とは遺産の全部あるいは何分の1という形でされる遺言で、包括受遺者は相続人と同一の権利義務を有することになります。したがって相続財産の半部を遺贈された包括受遺者は、遺言によって半分の相続分を有する相続人に指定された者と同じように、他の法定相続人と共同で相続財産を承継します。

 

承継が生じると遺産が相続人とともに共有状態になるので、プラスの財産だけでなく負債も受け継ぐことになるし、遺産分割にも参加します。この遺贈を承認、放棄するときには、相続放棄、承認と同じ手続きで行いますし、相続回復請求を行使することもできます。

 

 

この遺贈では、相続と同様に物権的効力が生じるので、遺贈によって土地や家屋などの対象となる権利が当然に受遺者に移転します。しかし、第三者に対抗するためには、登記をしなければなりません。

 

 

遺贈は相続とは異なり、遺言者の意思による処分なので第三者を保護するために登記が必要となるのです。登記をする場合、相続を原因とする場合は単独申請ですが、遺贈では共同申請となります。