慰謝料浮気

遺言書は誰にでも関係があるもの

 

 

遺言書という言葉は誰しも一度は耳にしたことがあるはずです。遺言書とは自分の死後に残された家族などに自分の財産を相続してもらう際に、どの財産を誰に相続してもらうかを生前に決めておくための文書です。そのため、我が家には大した財産がないから遺言書を残しておく必要はないと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、残された家族などにとっては相続の取り分を生前にきちんと取り決めておいてくれた方が、いざという時に非常に有難いものなのです。遺産として預貯金があるのであれば相続人の頭数で平等に割るなどの対応ができますが、現金化が難しいものの場合、その取り分を巡って相続争いが起こりかねません。

 

 

預貯金などの財産がなくても、これまで生活をしてきた住宅は自分の所有物だという家庭は多いと思います。仮に自分の死後に相続の権利のある人が複数いた場合、住宅だけが遺産として遺されたといったケースでは、相続人のうち誰がその住居を相続するのかといった問題が発生してしまう恐れがあります。特に相続人が多い家庭の場合には、このようなケースで相続争いに発展しがちです。
そのため、たとえ預貯金などの均等に分けられる財産がないとしても、遺産として残るものに関しては生前にきちんと遺言書を書いておくことが大事となってきます。