慰謝料浮気

家族へ想いを届けよう

 

 

遺言書に記載する内容というのは、どの財産を誰に譲るかという遺産分割や、自分の老後や死亡後の妻子について誰に依頼するかといった死亡後の手続き等についてのことがほとんどです。

 

しかし、中には遺言で記載するべき内容ではないにせよ、自分が死亡した後で、家族に知っておいてもらいたいと考えるようなことがあります。例えば、一人に偏った遺産配分をした場合に、それでも兄弟仲よくしてほしいなどの懸念事項です。こういったことは、遺言書の最後に付言事項として付け加えることが可能です。

 

これにより、無機質な手続き上の内容だけでなく、どういった思いがあってこのような遺言にしたのかということを相続人に知ってもらうことができます。もちろん、遺言に書かれている内容とは違い、付言事項に書かれている希望などは相続人に義務付けられるものではありませんが、作成するときの思いを伝える方法としてよく利用されています。付言事項は、公証人のところで作成する公正証書にも記載することが可能ですので、遺言書を作成する上で相談に出かけるときには、遺言内容とは別にこういったことを書き加えてほしいという形で、具体的に書面などに書いておくとよいでしょう。