慰謝料浮気

強制認知

 

 

子どもが産まれると、その両親が婚姻関係にある場合、出生届を提出することで嫡出子として戸籍に記載されることになり、法律的に親子として認められます。
しかし、両親が婚姻関係にない場合、父親による認知が行われない限り、血縁関係があっても法律的には親子として認められることはありません。
子どもが認知されていない場合、父親の財産について相続権が発生しないなど、様々な不利益が生じることになります。
認知は父親が認知届を提出することで成立し、届け出が行われると子どもは非嫡出子(婚外子)として扱われることとなり、法律上の親子関係が発生します。

 

 

認知は原則として父親が自発的に行うものとされていますが、法律上の親子関係が生じると父親には扶養の義務などが発生するため、父親が認知を拒むケースもあります。

 

 

 

そうしたケースでは、子どもの側から父親に対して認知を求める訴えを裁判所に提起することが認められています。
この方法を強制認知(または裁判認知)といいます。
裁判所は提起を受けると、DNA鑑定などを行い、父子関係にあるか調査を行います。
調査によって父子関係が明らかとなった場合、認知が行われたのと同様に扱われることとなり、その後は法律上の親子関係が発生することになります。