慰謝料浮気

相続における認知のやり方

 

 

婚姻関係にない男女の間に生まれた子については、父との間には法律上の親子関係は存在しません。父が自分の子であると公式に認めて初めて法律上の親子関係が発生し、子は父の財産を相続する権利を有するようになるのです。この自身の子であると認める行為のことを認知といいますが、これには二種類の方式があります。ひとつは裁判所の判決により強制的におこなわれるもの、もう一つは父の任意によりおこなわれるものです。

 

 

任意の方式では遺言よりおこなうことも認められています。遺言によりおこなわれた場合は、遺言執行者が市町村役場にその旨を届け出なければいけません。したがって遺言執行者が定められていない場合は、まず家庭裁判所に申し立てて遺言執行者を選任してもらう必要があります。

 

 

 

また遺言による場合は遺言者の死亡と同時に効力が発生したものと扱われます。したがって遺産分割協議については新たに子とされたものを含めておこなわなければなりません。すでに遺産分割協議が終了していた場合はその協議そのものが無効となるため、再度遺産分割協議をやり直す必要があります。ただし裁判の判決による場合は遺産分割協議が終了していてもやり直す必要はなく、新たに子と認定されたものは相続したであろう価額についてのみ支払い請求をおこなうことができます。