慰謝料浮気

胎児がいる場合の遺産分割

 

 

 

民法によれば、権利能力を有する事が相続人となる条件です。
そして同時に権利能力とは人が生まれると同時に取得するものと規定されています。
つまり胎児はまだ生まれていない為権利能力はありません。
ですが、法律には例外規定があり、「相続については既に生まれたものとみなす」と取り決められています。
ですから、胎児にも相続分を受け取る権利はあると言えます。

 

 

ただ、これには条件が付けられています。
その条件とは、「胎児が死体で生まれてきたときは、適用しない」という一文です。
簡単に言うと、胎児が無事生まれてきて初めて相続権が得られるという事です。

 

 

では、胎児がいる際の遺産分割協議についてはどのようになるのでしょうか。
これに関しては、やはり法律で「母親が胎児の代理人として協議を行う事は出来ない」とされています。
あくまでも無事に生まれてきて初めて予定されていた権利が得られるのです。
未成年の相続人に関しては母親は利益相反行為にあたる為子の代理人にはなれませんが、家庭裁判所に特別代理人の選任を請求する事により協議に参加する事が可能となりますので、協議を行うのは胎児が生まれてからの方が良いと言えます。

 

ちなみに、胎児にも代襲相続は認められています。