慰謝料浮気

我が子に相続させるための基礎知識

 

 

人が亡くなり、その遺産の相続が行われる際には、遺言による特別な定めがない場合、民法の規定によって分配方法が決められることになります。
遺産を引き継ぐ人については、亡くなった人との関係をもとに優先順位が定められており、その優先順位に応じて分配される遺産の割合が決まります。

 

 

亡くなった人に配偶者がいる場合には、配偶者が最優先となり、遺産の2分の1を必ず受け取ることができます。
亡くなった人の子どもについては、受け取ることができる遺産の割合は配偶者と同じく2分の1となっていますが、複数の子どもがいる場合、人数によってそこから分割されることになります。

 

 

なお、子どもがまだ母胎にいる胎児の状態であった場合についても、遺産の受け取りの対象となります。
通常、出生していない子どもの権利能力については認められないことになっていますが、遺産の受け取りや、生前贈与、損害賠償請求については、例外として胎児の権利能力を認めることができると民法で規定されています。

 

 

 

また、婚姻関係にない相手との間に生まれた子どもについては、その父親によって認知されていない限り、親子関係にあるとは認められないため、遺産を受け取ることができません。
父親による認知が行われている場合は非嫡出子として扱われ、遺産を受け取る権利が発生することになりますが、その割合は婚姻関係にある配偶者との子どもの半分となります。