慰謝料浮気

遺言書を作成したほうがよい方の例

 

 

最近は高齢者の間で終活が盛んに行われていて、行政書士等が行うセミナー等に積極的に参加している高齢者が増えてきています。終活セミナー等では遺言状の書き方等も詳細に至るまで教えていますが、実際の所遺言状の必要な人と遺言状まで作成しなくてもいい人もいます。
遺言状とは基本的には自分が死んだ後に遺産分割を原因としたトラブルを防止する為に、事前に自分の意思を示しておく為に遺しておく物ですが、身内のいない人や遺産の殆ど無い人はあまり残す必要は無いでしょう

 

 

遺言状が必要な人やケースも沢山有りますが、例えば身内の他に自分の世話を長期に渡り行ってくれた人がいてその人に幾らか遺産を渡したいケースや、配偶者の他に内縁関係の異性やその子供がいてその異性や子供にも遺産を分けたい場合や、日頃から子供の兄弟の中が悪い場合、幼い子供がいる場合等ケースを挙げたらキリが有りません。

 

 

遺言状とは遺産の分割をスムーズに行う為に必要な物ですので、大きくまとめると遺言状で自分の意思表示を事前に行っておかないと、死後の遺産分割がスムーズにいかなかったり遺産相続で揉めそうな場合の時は遺言状で自分の意思表示を行う事で、不要な揉め事を減らす効果が有ります。